内廊下・外廊下の特徴

内廊下・外廊下の特徴

内廊下・外廊下の特徴 近年、新築マンションの広告を見ているとエレベーターや階段から各住戸へとつながる通路が建物の内側にあるタイプ、いわゆる内廊下タイプが多いのに気づきます。
中・低層であれば従来からよく見られる、通路が直接外部に面した外廊下タイプが多いのですが、特にタワーマンションと呼ばれる超高層マンションは、多くが内側タイプです。
こうしたタイプの物件が増えている理由はいくつかありますが、1つは安全性の問題です。
通路が戸外に出ていると転落事故などのリスクがありますし、タワーマンションの高層階では強風にさらされやすくなります。
壁に囲まれていればそうしたリスクが避けられるうえ、玄関を開けた時に雨が室内に降り込んでくるといった事態も避けられます。
一方、外側タイプには、管理費が割安だという特徴があります。
何と言っても「外」ですから、照明や空調などにそれほどコストをかける必要がありません。
また、万が一火災が発生した時に煙が充満しないという利点もあります。
こうしたことから、内側タイプの超高層物件もいくらかは建設されています。

タワーマンションの大きな魅力はエントランスが綺麗な点にある

タワーマンションの大きな魅力はエントランスが綺麗な点にある 都市部やその周辺を中心としてタワーマンションが建てられていて利便性があると言うことで居住者も増えていますが、交通の便が良いだけではなく建物が新しく綺麗である点も大きな魅力です。
綺麗な建物に住めることに喜びを感じる人も多く外の眺めも最高なので楽しく過ごすことが出来ますし、施設も充実しているので何も心配することなく安心して住むことができます。
中には24時間365日入り口に管理人が常駐しているところもあるので防犯上の問題点も何もないですし、何かあったら直ぐに対処してもらえるので本当に助かります。
タワーマンションの良さはエントランスが華やかで綺麗であると言う点にもあり、ゴージャスな気持ちになることが出来ますし気分良く帰宅することができます。
このようにタワーマンションは外の眺めが良く施設も充実しているのでとても住み良いですし、エントランスも綺麗で気分良く出入りすることが出来るのでとても評判が良いです。